フリークライマー女子

フリークライミングジムのスタッフさんとそこに通う仲間のみなさん。 今日は、遊ぶゲレンデをかえて、スノーシューに来てくれた。 さすが、フリークライマー。岩壁をみる目が違う!(人もいた笑) 岩だけではなくて、鉄塔やブナの木など、「登れるな~」言うてました。 洪水をみて、「くだれるな~」というラフティングガイドといっしょ笑
Read More

熊ではない。

今日は、わんちゃんといっしょにスノーシュー! わんちゃん、元気!人間のほうは、つかれました笑 人間ががんばったおかげで、わんちゃんも満足してくれたようです。 しかし、黒い犬だなー。きれいな黒いわんちゃん。 飼いたくなった。
Read More

好きなところ、歩いていいですよ!

だれの足跡もない真っ白な雪面に、自分の足跡をつけることはたのしい。 「好きなところを歩いていいですよー」タイムがたくさんあります♪ 前の人のあと、トレースをついていくだけでは、モッタイナイ! 新雪を踏む楽しさも、たくさん体験してみてください。 アイキャッチ画像は、うちでは、スノーボールと呼んでいます。 樹々の枝などに積もった雪が、気温があがると落ちてきて、斜面を転がるとできる現象です。      
Read More

神に見えた【パートⅡ】

平日の今日こそは、ラッセル修行の日と気合をいれて挑んだ大幽洞窟コース。 なんと、一般登山者チームが先行してあがっていました。歩きやすいトレースをいただき、追いついたら、ラッセル交代をするつもりでしたが、そのまま大幽までトレースがついていました。 ラッセル泥棒で、恐縮です! その後、上から先行チームがおりてきたので、感謝の気持ちを伝えました。すると、あがってくる僕たちに気づいてたようで、「(さらに楽に上がりやすいように)雪をふんできたよ」って。 気持ちいい人でした。 どなたか分かりませんが、恐縮です。ありがとうございました!  
Read More

同業他社のガイドさんが神にみえた笑

前日からの大雪で、一ノ倉沢コースも大幽洞窟コースも、NG。 里山の雨呼山コースに行ってきました。 駐車場より、先に出発した同業他社さんのツアーが数チーム。 彼らが、深い雪をラッセルして、ルートを作ってくれていました! ありがたやー、ありがたやー。(ほんとに!!) ラッセルがなかった分、ビーコン探しやジャンプ、胸ラッセル体験など、いろいろできました♪ 明日は、ジャグスポーツ!スノーシューチームが、一ノ倉沢or大幽のルートを作ってきますねーーー サンキューです!
Read More

オーバーヘッド!

オーバーヘッド! 大幽洞窟コースの氷筍を観に行った帰りは、そりで帰る。うちのツアーの基本。 今日は、高速スライダー&スプレー上げまくり祭り! スプレーは、オーバーヘッド。前が見えんがなーーーー エクストリームスノースレッディング。 競技になるな笑  
Read More

一の倉沢と氷瀑

一ノ倉沢コースの見所が増えました。 氷瀑。最近こちらのクラゲのような氷柱がお気に入り。 インスタ映え狙いでいきましょう笑
Read More

里山の雪景色に癒される

パウダーがのって底ヅキするスノーコンディションの雨呼山にいってきました! 久しぶりのフィールド、龍棲洞のミニ氷筍は、0度線ギリギリまで成長していました。 里山の景色が、癒される~♪
Read More

スノーシューは道具

スノーシューは、道具の名前。 雪のフィールドを楽しむための道具。 道具であるスノーシューが楽しいわけではなく、それを履くことによって、普段入ることのできないフィールドに飛び出すことができる。この道具がないと、雪山をあそべない。 ツアーでは、遊ぶフィールドとガイドのエンターテイメント性が、参加者さんの満足度をあげてくれる。 雪の上を歩くだけじゃないよ、ガイド付きスノーシューツアーは。 ジャグのツアーもおもしろいけど、今日同じコースでツアーをしていた地元ガイドのスノーシューツアーを見ていて思った! 水上はいいガイドがそろってんなー。競争があることは、いいことだ。ツアーのクオリティーがあがる。 水上スノーシューは、これから、まだまだ伸びるだろうな。 ジャグスポーツでは。 楽しんでいただくために、ツアー始まって...
Read More

オーロラ風

ここのつらら、間違いなくテンション上がります。 最近一ノ倉沢コース推しですが、ツアーのストーリーを作るうえで、最後の巨大な氷柱群は外せません! 一度は観に来てください。 新聞社さんなどメディアのみなさん、連絡はジャグスポーツまで笑 ところで、谷川連峰に雲がかかっていました。 まるで、オーロラみたいだ!
Read More