冬の道路状況

スノーシューツアーの道路状況
冬のツアー参加者さんから、よくある質問。 「ノーマルタイヤでも大丈夫ですか?」 「スタッドレスタイヤだったら、大丈夫ですか?」 「道路の積雪状況はどうですか?」 関越道水上インターからジャグスポーツまでは、融雪道路になっています。 スタッドレスタイヤなら、まず問題ありません。 ノーマルタイヤの場合は、チェーン携行が必須。 融雪道路といっても、朝は所々凍結している場合があります。ん??と思ったら、早めのチェーン装着を。 道路状況は、町のウェブサイトを活用しましょう。 ・みなかみ町気象情報ライブカメラ(地域整備課道路管理カメラ) http://58.1.231.32/map.html# ここの「大穴観測所」をチェックしてくださいね。 ではでは、スノーシューツアーのご参加をお待ちしております♪
Read More

雪が。ついにキターー!!

恵みの雪
1月17日(日)の晩から降り始めた雪は18日の朝には、みなかみ町に35cmの新雪をもたらしました! ようやくです。ほんとうにようやくです! ようやく、みなかみ町の冬がはじまりそうです(笑 今回のような雪不足は、地元の方に聞くところによると、1952年大穴スキー場でインターハイが開かれたとき、雪不足で会場が天神平スキー場に移された以来らしいです。 約70年ぶりの雪不足??? 僕はこちらの方でガイド業をはじめてそろそろ20年。 こんな雪不足、記憶にないわけだ(笑 しかし、今回の雪不足の中でも、数本のスノーシューツアーを開催できました。 地元の人から見れば雪不足といえども、日常、雪のないところで生活しているツアー参加者さんから見れば、じゅうぶん楽しめる積雪量だったようです。初めて体験の参加者さんたちも雪が降ったら、またすぐ行...
Read More

一の倉沢スノーシュー

一の倉沢スノーシュー
昨晩から、ちらちら雪が舞うが、そこまで積もらず。 しかし、一の倉沢など谷川連峰の山々の冬景色は圧巻。 僕にもっとカメラ技術、いいカメラがあれば、、、。 実際にこの岩壁群をみれば、感動しますよ。 コース上の沢水がでる箇所は、いままでの降雪量だと埋まらず、スノーシューを履いたまま、数回の渡渉あり。 渡渉とは、登山で川や沢をわたること。 今日一番のドキドキ体験(笑 明日は、群馬県北部大雪警報がでています。 この渡渉体験も、本日までかな!(^^)!
Read More

スノーシューフェスティバル

スノーシューガイドの狩野淳
本日のお仕事は、みなかみ町スノーシューフェスティバルのガイド。 毎年やっている町のイベントです。 参加者は一般の方はもちろん、宣伝のためでしょうか? ミス日本に選ばれた美人さんも参加されます。 あいにく、今日はミス日本の方は参加せず、明日のようです。 残念。 僕が担当する班は、環境省の職員さんや地元の町おこしの方、エコツアーガイド、なぜかセミプロのような参加者ばかり。 ネイチャートークに間違いがないか、緊張します(うそですけど いつもとは違うかんじのツアーでした。 植生や村文化の話しを参加者さんから逆に聞けたりと、楽しいツアーでした。 いつも僕が参加者さんの写真を撮りますが、今日は地元の方にツアー写真を撮っていただけました。 この写真を僕の宣材にしようと思う (*^^)v Play Fujiwaraプロジェクト...
Read More

「蛇門の滝」の氷結

幻の氷結スノーシュー
今後、この滝の氷結群は、幻の氷結となるでしょう。 なぜならば、いつもは雪に埋まって観ることができないのです。 運よく(?)、今年は暖冬の影響で何十年ぶりの雪不足。例年だと、この氷結群は斜面に積もる雪崩にやられ、雪の下! 僕もこの地に15年くらい前からスノーシューツアーを開催していますが、初めてです。 今日の参加者さんは、偶然にも同郷の鹿児島人でした。 いまは福岡で、今朝の飛行機でいらっしゃいました。 群馬で鹿児島県人に会うなんて、あんまりないことなので嬉しい。
Read More

フキノトウ??

スノーシュー一ノ倉沢フキノトウ
まだみなかみ町らしい雪が積もらず、いつもの冬ではなのに、なんと春の山菜「フキノトウ」がでてきました。 最近、ずっと暖かいですからねえ。びっくりです。 一の倉沢スノーシュー1日コース途中にある湧き水ポイントの大きな氷柱から出てきました。 しかし、週明けすぐの大寒波でフキノトウはすぐに雪の中に埋まってしまうでしょう。 そう考えると、フキノトウも気の毒だ。 採って、食べたらよかったかな(笑
Read More

スノーシューにはビーコン携行

スノーシューツアーには雪崩ビーコン携行
ジャグスポーツのスノーシューツアーでは、参加者一人一人に雪崩ビーコンを携行してもらっています。ビーコンは無料レンタルです。また、ツアー車両にはAEDが積んであります。 安全なツアーを心がけるためには、ガイドのテクニックや経験値はもちろんですが、このような機器も大切なもんです。 ツアーでは、宝さがしなど、ビーコンを使った雪遊びもしています♪ ビーコンとは:積雪時における登山や山スキーなど、雪崩に遭遇する危険のある場合に携行する小型の機器であり、電波の発射及び受信が可能である。「アバランチトランシーバー」とも呼ばれる。同行者が雪崩に巻き込まれ雪の中に埋没してしまった場合、埋没した人が携行しているビーコンから発射される電波を救助者のビーコンで受信することにより、埋没した人の位置を探索できる。wikipediaより
Read More

氷筍の見ごろはまだかな

氷筍
今日のツアーは、大幽洞窟コース。 このコースの見所は、氷筍。(ヒョウジュン) 下からニョキニョキと生えるように見える氷柱です。 ここのところの暖冬傾向に、氷筍が成長しているかドキドキツアー。 結果は、時期がまだ少し早かったようです。 サイズはぼちぼちなかんじ(泣 この洞窟は標高が高いところにあるので、暖冬といっても気温は十分低いです。 ミニサイズの原因は積雪量でしょうね。 洞口をふさぐ位の積雪があって、はじめて、洞内の気温が一定になる。 暖かい空気は上部へ、冷たい空気は下部へ。 まだ洞口をふさぐくらいの積雪がないので、洞内に温かい空気が流れ込んで、成長が遅いように思えます。 明日から週末にむけ、寒気が入り込んでくるようです。 頑張れ、寒気! 雪が少ないといっても、北面にはフカフカ雪がのこり、帰りはダウンヒルスノーシュ...
Read More

スノーシューツアースタート!

マチガ沢スノーシュー
みなかみ町には、スキー場が7つもあります。 暖冬の影響で、3連休というのに営業できたスキー場は3つ! オーー ノオオオーーー! スノーシューコースは、一の倉沢・大幽・雨呼山・マチガ沢・大峰沼などたくさんあります。 雪はあるところには、ある! 今日はマチガ沢に行ってきました。 しかし、例年に比べるとだいぶ少ない方。 樹木くっつくコケの地面からの高さで、だいたいの積雪量がわかるテクニックがあります。 「いつもはね、このへんまで、雪があるんですよ」 「ほんとにーーー」 雪が例年よりは少ないとはいえ、ガイドは楽しませるテクニックをもっています♪ 今日は渡渉もありアドベンチャーないいツアーでした。
Read More

今年は雪の便りが遅いですね

20151123
そろそろ11月終盤。 ガイド仲間から雪の便りが、今年は遅い。 いまの時期だったら、「立山バックカントリーを楽しんじゃいました~」な写真がSNSにアップされるんですけどねー、残念。 こちら、群馬県みなかみ町はというと。 写真の通り、まだまだです。 ジャグスポーツの裏山は、なんと、スキー場。 冬は、お昼食べにスキー場に行くくらいの距離。 ちなみに、スキー場は奥利根スノーパーク。 夜ナイターをやっているスキー場で、僕もツアー終わった後、滑りに行きます。 みなかみ町の雪は、だいたい12月下旬のクリスマスくらいから。 まあ、のんびり冬支度しながら、待ちます。 2016年スノーシューツアーのスタートは、1月9日からを予定しています。
Read More