スノーシューツアー ジャグスポーツ! スノーシューと日本かんじきの違い

JugSports!rafting

ガイドと行くスノーシューパークみなかみツアー

トップページ >スノーシューと日本かんじきの違い

スノーシュー ツアー

スノーシューレンタル

スノーシューの予約詳細

スノーシューのこだわり

スノーシューリンク集

スノーシューと日本かんじきの違い

スノーシューとかんじき ドット 形状と歩き方
 スノーシュー・かんじきともに雪上歩行具です。
ふたつの違いは形状と歩き方です。日本かんじきは、フジ・クロモジ・アルミなどを材料とし円形輪っか状の形をしています。
スノーシューは、ほとんどカンジキと同じですが円形ではなく細長い楕円形のような形をしており、一番大きな違いはスノーシューはフレームに布を張り、 浮力がよりあるところです。
 歩き方の違いは形状にあり、円形のかんじきは細長い楕円形のスノーシューに比べると、ややガニ股になって歩きます。 円形のフレームに足を縛りつけているかんじきに対して、スノーシューはつま先だけ固定されていてかかとは自由にできています。 歩行のみを考えると、スノーシューの方が歩きやすくできています。
 このように比べると雪上歩行具の歴史が見えてくるように思えます。スノーシューは、先住民族の大陸間移動や広い雪原での狩猟に使われ 歩行重視だったのでしょう。
 しかし、スノーシューはかかとが自由で前進歩行には向いていますが、後ろに下がったり斜面を下りたりといった歩行や狭いところでの作業は苦手です。
その点、かかとが縛られ形状が小ぶりなかんじきは、そのような歩行も狭いところでの作業も難なくこなせます。
かんじきは、日本の里山のような山間部を上から下に縦横無尽に駆け巡り狩猟するようなスタイルには一番適した形状だと思います。 大陸民族と島国民族の生活スタイルの歴史が、雪上歩行具の形状となったことはおもしろいことです。
 スノーシューとかんじきの勝敗を決めるならば、両者引き分けということになるでしょう。
ドット スノーシューとは   ドット スノーシューとかんじきの違い   ドット サイズ   ドット ビンディング   ドット ブーツの履き方   ドット クランポン(爪)   ドット ストラップ

スノーシュー
予約・問合せ

ジャグスポーツ!

関連ツアーサイト

スノーシュー
ツアー会社

ジャグスポーツ!
〒379-1725
群馬県利根郡
みなかみ町綱子145-1
TEL:0278-72-3372
電話受付 8:00〜22:00
fun@jugsports.com