スノーシュー ジャグスポーツ!|爆笑尻すべりと田舎の冬景色

JugSports!rafting

ガイドと行くスノーシューパークみなかみツアー

トップページ >爆笑尻すべりと田舎の冬景色

スノーシュー ツアー

スノーシューレンタル

スノーシューの予約詳細

スノーシューのこだわり

スノーシューリンク集

「爆笑尻滑りと田舎の冬景色」
半日スノーシューツアー体験レポート

谷川岳山頂スノーシュー ドット 半日スノーシューコース参加費 5,500円
 ガイド料、レンタル料(スノーシュー・ストック・ブーツ)、保険料
ドット 集合時間 1日2回開催
 午前コース9:00
 午後コース13:00
車の場合 ジャグスポーツ 9:00/13:00
上越新幹線(上毛高原駅) 8:30/なし
JR上越線(水上駅) 8:50/12:50
ドット 送迎無料
上越新幹線(上毛高原駅)、JR上越線(水上駅)、みなかみ町内宿泊施設(一部地域を除く)

半日スノーシューツアーレポート

アクションフォト スノーシューガイドの一口メモ
登山口

半日スノーシューは、藤原地区にある雨呼山。
初心者やファミリーの方には人気があるスノーシューコース。
1月と2月は
パウダースノー
の確率が高いっス!

尾根

すぐに、なだらかな尾根にでます。
木々の隙間からさっそく、水上藤原地区の大自然が見えます。
冬は静寂そのもの
スノーシューが雪を踏む音が心地よい。パウダースノーはギュギュッと音がなる!?

不動の松

もう休憩?
登りはじめから、15分くらいで小休憩をとります。スノーシューのベルトが緩んでいないか、体調は悪くないかをチェック。
この松は「不動の松」。ガイドは松の年齢当てなどのネイチャーツアーを始めます。

うさぎの足跡

アニマルトラッキング
ウサギの足跡
このウサギの行く方向は?
答えは、ウサギは跳び箱を跳ぶように進むので、横に並んだ足跡が後ろ足・縦に並んだ足跡が前足になります。だから写真上の方向へ移動しているとわかる。

山頂直下

山頂直下のトラバースを終えると、頂上はすぐそこ。
山頂に立つ儀式
ガイドはここで先頭を参加者の皆様に譲ります。
どんなに低い山でも山岳ガイドは山頂へのファーストステップはお客様に譲るんです。
突然、展望が360度開ける瞬間、この感動に対する値段はプライスレス!

藤原地区

山頂からの眺めは
田舎の冬景色
と、日本武尊伝説の残る
上州武尊山 を一望できます。

断崖絶壁

ナタで割ったように頂上は
断崖絶壁になっています。
雪屁の踏み抜きに注意しましょう。
次は氷筍を見に行こう!

龍棲洞

山頂直下にある龍棲洞のなかに、下から上にのびる変わったツララの氷筍がある。
ムーミン谷のニョロニョロ
普通、上から下にのびていますよね。見方によっては、氷でできたお地蔵さま。神秘的なものを感じます。
帰りは持ってきたソリで滑って帰ろう!

スノーシュー
予約・問合せ

ジャグスポーツ!

関連ツアーサイト

スノーシュー
ツアー会社

ジャグスポーツ!
〒379-1725
群馬県利根郡
みなかみ町綱子145-1
TEL:0278-72-3372
電話受付 8:00〜22:00
fun@jugsports.com