スノーシュー ジャグスポーツ!|ダウンヒルスノーシューと氷結の滝

JugSports!rafting

ガイドと行くスノーシューパークみなかみツアー

トップページ >ダウンヒルスノーシューと氷結の滝

スノーシュー ツアー

スノーシューレンタル

スノーシューの予約詳細

スノーシューのこだわり

スノーシューリンク集

「ダウンヒルスノーシューと氷結の滝」
1日スノーシューツアー体験レポート

谷川岳山頂スノーシュー ドット 1日コース参加費 7,000円
 ガイド料、レンタル料(スノーシュー・ストック・ブーツ)、保険料
 ※宝台樹スキー場片道リフト券別途400円必要
ドット 集合時間
 車の場合 ジャグスポーツ 9:00
 上越新幹線(上毛高原駅)8:30
 JR上越線(水上駅) 8:50
 みなかみ町内宿泊施設(一部地域を除く) 8:40〜8:50
 送迎無料
上越新幹線(上毛高原駅)、JR上越線(水上駅)、みなかみ町内宿泊施設(一部地域を除く)

ツアーレポート

アクションフォト スノーシューガイドの一口メモ
スキー場関東一の景色

スノーシューのスタート宝台樹スキー場に、AM10:00ころ到着して、第9クワッド(リフト)を使い、一気に尾根まで高度をかせぎます。

晴れた日の山頂からの眺めは、谷川連峰や奥利根の山々を見渡せ、最高の景色を堪能できます。ここでスノーシューを履き、さあ出発です! 別途リフト代必要 片道¥400

スノーシューハイク

裏見の滝へ通じる細尾根を目指し、スノーシューハイク。 緩い下りを軽快に歩きます。

途中には、ブナの木などを観察でき、日本百名山、上州武尊山が見えてきます。先には、ダウンヒルスノーシューが待ちかまえています!

ダウンヒルスノーシュー

ダウンヒルスノーシュー

スキーやスノーボードで滑るには、ちょっと勇気がいる斜面もスノーシューなら、気持ちよく駆け下りることが出来ます!勢いよく転んでもパウダースノーが、あなたをキャッチ!スキーやスノーボードが出来なくても、ダウンヒルスノーシューなら、誰でもできるのがスノーシューの良いところ。やりすぎると楽しくて、ダウンヒル中毒になりますから、気を付けましょう!1時間ほどのダウンヒルスノーシューの時間です。

駐車場到着

宝台樹キャンプ場から近い、裏見の滝の駐車場におりてきます。奧の小屋は、駐車場にあるトイレ。冬季は使えません。キジウチ・オハナツミは野に放つ?!

ここから下りると『裏見の滝』が待っています。この辺りは、動物の足跡が多く見られます。谷川岳が見えるこの辺りで、ランチとなるときもあります。激しくダウンヒルスノーシューをい楽しんできました。スノーシューのベルトが緩んでいないか、チェックしましょう。

スノーシュー小技話

■とっておきのスノーシューテクを伝授!(笑)

スノーシューを履いていても、深雪を歩くのはチョット疲れたりもします。その時は、そっと誰かに先頭を譲りその人の足跡を辿りましょう。すごく楽になります。露骨にやりすぎると友達をなくすので注意しましょう。この時によく使われる会話の例をあげると、「写真撮るから、先に行っていいよ!」「スノーシューのベルト直すから、どうぞお先に!」などなど

氷結の滝

裏見の滝駐車場am11:45-裏見の滝pm12:00

奧に見えるのが、『裏見の滝』です。

冬季は滝が凍り、青く見えるのが印象的!この画像だと、滝の迫力がなかなか伝わらないかもしれませんが、その光景は、まさに圧巻!その他に数多くの氷柱や祠などがあり、写真撮影に最適だと思います。滝は凍っていますが、チューブ状に凍っており中は水が流れています。 不思議ですね。

ランチ

眺めの良いところでランチ pm12:00-pm12:45

■お待ちかねのランチになります。スノーシューを脱いで、ゆっくりしましょう。持参したランチをたべましょう。テルモスに暖かい飲み物もいいですね。

武尊山

裏見の滝pm13:00-青木沢ゴールpm15:00

日本百名山の上州武尊山をバックに帰路につきます。宝台樹キャンプ場を抜け、藤原青木沢入口がゴール(PM15:00ころ)です。ツアー最後に50m程のスノーシューダウンヒルをご用意。このあとスノーシューツアーは終了になります。記念に思いっきり駆け下りてください。やっぱり、ダウンヒルスノーシューは楽しい!!

スノーシュー
予約・問合せ

ジャグスポーツ!

関連ツアーサイト

スノーシュー
ツアー会社

ジャグスポーツ!
〒379-1725
群馬県利根郡
みなかみ町綱子145-1
TEL:0278-72-3372
電話受付 8:00〜22:00
fun@jugsports.com